Blog

大麻統計コロラド

2019年5月8日 勿論、コロラド州はレクリエーション大麻も合法だ。 の一環として、大麻に関する肯定的な統計と情報を全国の何百もの掲示板に表示する計画である。 スパイスやK2としてよく知られている合成マリファナは、THCという大麻に含まれる精神作用のある成分に類似した化学物質が噴霧された、ハーブやスパイスを混ぜ合わせた  統計. 2.50 mean rating - 22 analysts. Sell. Hold. Buy コロラドやワシントンなどの各州でマリフアナが合法化されてから、米国の大麻ビジネスが、家内産業から大手  2014年8月20日 大麻を合法化後、コロラド州のデンバーでは、犯罪率の低下や大麻税による税収 今年3月の統計では、同サイトの月間訪問者数は350万人に到達した。 2016年4月4日 ◎(2016年記事)「大麻ぐらい合法にしろ!その156」ここでは統計記事を紹介。コロラド州では2012-2014年にかけて暴力犯罪は増加。 ◎(2015年  2015年3月4日 2014年1月に米コロラド州で娯楽用大麻販売が開始されて丸1年が経過しま なお、DUI違反者のうち大麻関連の統計値が集計されたのは、2014年が  2017年5月29日 後期では,違法な大麻使用は,MMLを制定していない州で3.5%(標準誤差 0.5),カリフォルニア州で5.3%(標準誤差 1.0),コロラド州で7.0%(標準誤差 

2019年5月8日 勿論、コロラド州はレクリエーション大麻も合法だ。 の一環として、大麻に関する肯定的な統計と情報を全国の何百もの掲示板に表示する計画である。

2018年11月9日 また、コロラド州では若年層のマリファナ使用率が全米平均より74%も高いという統計が出ており、マリファナを使用する大学生はそうでない大学生に比べ 

大麻を合法化したコロラド州はオピオイド処方が「大幅に減少」 …

【コロラド州で大麻を買えば捕まらないのか】 米国コロラド州で今年の1月1日から娯楽用大麻の販売が解禁されました。 では、日本人がコロラド州に旅行に行って大麻を使用することは合法でしょうか。 コロラド州事情 - 在デンバー日本国総領事館 コロラド州の繁栄の基礎はこれで築かれ,その後,産業の中心は農業・畜産業へと移行していく。コロラド州は,米国独立の100年後の1876年に38番目の州として合衆国に加わり,このためセンテニアル・ステイト(独立100周年記念州)の愛称がある。 (2) 地誌 大麻合法化のコロラド州、大麻食品の誤食で治療を受ける子ども … この期間に大麻の摂取が原因で入院した子どもの数は、アメリカのそのほかの地域では19%の増加だったのに対し、コロラド州では34%の増加だった。このうち半数近くは、医療用大麻ではなく嗜好用大麻が原因で、入院した子どもの平均年齢は約2歳だった。 コロラド州 - PotNavi

カナダの大麻合法化の理由はなぜ?現在の事情と影響【10/17解 …

コロラド州 - PotNavi コロラド州はアメリカ合衆国の西部に位置します。コロラド州では特定患者に対して2001年から医療大麻(マリファナ)の使用を認可していました。2012年にはコロラド州有権者がマリファナの成人使用(嗜好用、21歳以上)合法化のために投票しました。 旅行者向けにツアー開催 大麻解禁でコロラドに誕生した新ビジネ … コロラド州の統計によると、2017年の州内の大麻の販売業者は1000近く。14年に年間7億ドル(約791億円)ほどだった大麻の売り上げは、17年までに15