Blog

大麻データカリフォルニア

2018年1月6日 米カリフォルニア州で1月1日、嗜好(しこう)用大麻の販売が合法化された。経済規模で世界第6位の同州で嗜好品としての販売が解禁されたことを受け、関連企業の株価は上昇。各社の価値は合わせて約20億ドル(約2250億円)近く増加して  2018年3月27日 2016年11月、ちょうどトランプ大統領が誕生した選挙では住民投票も行われ、筆者の住むカリフォルニア州では、娯楽用大麻が合法化された。米国の他の州からは、カリフォルニアに「マリファナホリデー」を楽しみにくる人も増えることが期待  2018年2月27日 連邦政府による大麻の禁止が撤廃されるまでは、カリフォルニア州の栽培者は合法の市場をスキップして、マリファナが データを実際に見てみると、殺鼠剤にさらされたフクロウの一部は、近くに道路も走っていない森の奥地で生息していた  2018年2月21日 2018年1月より、私の住むアメリカ合衆国カリフォルニア州では嗜好・娯楽目的の大麻(英名カンナビス)の売買、所持が合法化されました。 医療目的では20年以上前か. 2019年11月6日 Flowhubは合法大麻企業向けに各州の規制に対応した販売、管理、分析、および拡大する方法を提供している。 1つ目が、急拡大する市場需要です。1996年のカリフォルニア州から始まり14の州が住民投票によって医療用大麻が合法化 

2019年1月25日 米国人消費者のカンナビジオール(CBD)を含む大麻関連商品への関心が高まっている。 当該法案の成立よりも前から、州レベルでは大麻の使用を合法化する動きがあり、2018年11月7日時点で、10州(アラスカ、カリフォルニア、コロラド、メーン、マサチューセッツ、 大麻業界に関する調査データなどを提供しているニュー・フロンティア・データ(New Frontier Data)が発行する「ヘンプ・ビジネス・ジャーナル(Hemp 

2019年8月25日 米国調査会社のデータ(※)によると、2017年には171億8000万ドル(約1兆9000億円)だった世界の大麻市場規模は、2023 カリフォルニア州では、嗜好用として栽培している大麻にはICタグを付け、完璧に追跡できるようにし、徴税の漏れを 

2018年10月11日 セッツ、カリフォルニアの各州とワシントン D.C.と共. に提供される予定である。 合法規制されたマリファナ市場があり、最近の青少年. データがある州(コロラド、ワシントン、アラスカ). 青少年のマリファナ使用は、全米およびマリファナ合.

2017年9月19日 アメリカ中で最も人口の多いカリフォルニア州。2018年始めに嗜好用大麻が合法化される同州は、大麻ブームの到来に備えて準備をしています。広大な大麻畑は自動化の恩恵を受けているようですが、この「黄金の州」カリフォルニアの  2018年12月21日 特に注目を集めているのが、「ソフトドラッグ」に分類される大麻をめぐる動きだ。 マイケルの会社も40人ほどの従業員を雇う規模になり、カリフォルニアなど、その他の地域にも事業を展開している。 また合法化を挟んだ11年から15年にかけて、大麻に関連した緊急治療室への訪問回数は35%増えたといったデータもある。 2014年5月7日 米オバマ大統領の「私もかつて大麻を吸っていた」という発言が話題となったが、アメリカで実際に大麻解禁の動きが広がっている。なぜか。

2019年1月25日 米国人消費者のカンナビジオール(CBD)を含む大麻関連商品への関心が高まっている。 当該法案の成立よりも前から、州レベルでは大麻の使用を合法化する動きがあり、2018年11月7日時点で、10州(アラスカ、カリフォルニア、コロラド、メーン、マサチューセッツ、 大麻業界に関する調査データなどを提供しているニュー・フロンティア・データ(New Frontier Data)が発行する「ヘンプ・ビジネス・ジャーナル(Hemp 

2019年1月7日 大麻」と聞くと日本では麻薬、ドラッグ、危険、犯罪などのイメージを持っている方は非常に多いと思います。 私自身、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコで大麻業界に携わっておりますので、最新の情報をお届けできればと データを元にアメリカの大麻(カンナビス)業界や薬物教育の社会的な側面について解説します。 2019年12月29日 カリフォルニア州議会は12月11日、妊娠中の女性が大麻の煙および主要成分のTHC(テトラヒドロカンナビノール)を 協会の広報担当者、ジョシュ・ドレイトン氏は「優れた政策と消費者の保護は、事実とデータに基づくものだ」と述べている。 2017年12月9日 米カリフォルニア州で20年前、医療用のマリフアナが初めて合法化されて以降、大麻関連ビジネスは他業種から有能な人材を集め、米投資企業から大規模な資金を呼び込むことで発展してきた。新しいコモディティー指数は、大麻の相場データ  2019年5月7日 またマリファナ産業でのフルタイムの雇用は2018年に全米で64,389件も増加し、カリフォルニア州ではマリファナに はマリファナ栽培業、プロダクト製造業をしている事業者向けのデータ分析、マーケティングプラットフォームを提供している。 太平洋岸北西部に位置するカリフォルニア州では特定患者に対して1996年から医療大麻(マリファナ)の使用を認可していました。カリフォルニアは医療用大麻を最初に認めた州で、2016年の州民投票によって大麻の成人使用(21歳以上)が合法化されました。 2017年6月27日 大麻(マリファナ)使用者は、怠け者で出世できず、何事にも無関心である、というレッテルを貼られることが多い。 投票によって大麻の販売が合法化された米国の二つの州、カリフォルニア州とコロラド州からの広範なデータを分析している。